クレジットカード現金化を使うに当たり利用者が逮捕される可能性はあるのか?

いろいろと現金を得るための方法があって、その中でも注目を浴びているやり方と言えばクレジットカード現金化ではないでしょうか。審査が要らないということもあって利用をしたいという風に思っている人もいるみたいです。実際のところはグレーゾーンとも言われていますので、利用をした時に逮捕される恐れというのはあるのでしょうか。

■業者が逮捕されるという例はある

クレジットカード現金化は実はグレーゾーンと呼ばれているので、決して法律に違反を犯しているというわけではないです。法律の抜け穴を突いたサービスであるということが言えるでしょう。逮捕については業者側だけで、利用者側については全くありません。

この悪徳業者がどういう手口によって逮捕されたのかというと、他人のクレジットカードの無断使用や出資法違反が原因なのです。出資法違反とは法定金利よりも高い金利で貸し付けたことによる違反です。逮捕されるというケースは珍しいわけですが、悪質な業者というのはそれなりにいますので、騙されないようにしてください。

■利用者が逮捕されるということはない

利用者の立場から見ると法的に違反をしているのかということではなく、グレーゾーンに過ぎないわけです。そのため、利用者が逮捕されるということは無いと言ってもいいでしょう。しかし、カード会社の規律違反には当たりますので、注意して利用をする必要はあります。

このクレジットカード現金化というサービスはあくまで業者が悪質な営業をしているという風に見なされており、利用者としては単に騙されただけということも言えるわけです。そのため、利用者を取り締まることはできないと言ってもいいでしょう。

■利用者としては注意するに越したことは無い

クレジットカード現金化で逮捕が起こっているのは業者だけであって、利用者については未だ逮捕されるという事例はありません。ただ、あくまでグレーゾーンという取引ですので、十分に注意して利用をするべきです。

関連記事